東出昌大終わったな。主演ドラマ「ケイジとケンジ」でも叱責される。

主演ドラマのセリフが“現実とリンク”!?「ケイジとケンジ」第3話 ネットで話題に

不倫騒動渦中の俳優東出昌大(31)が主演しているテレビ朝日ドラマ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」(木曜後9・00)の第3話が30日に放送され、劇中のセリフが「現実とリンクしている」などとネット上で話題となっている。

同ドラマはダブル主演の桐谷健太(39)が教師から転職した熱血刑事、東出が東大卒のきまじめなエリート検事を演じ、2人がタッグを組んで難事件に挑む物語。

この日は、バーの店内で男性オーナーの刺殺体が発見された殺人事件をめぐり、刑事と検事の攻防戦が勃発するという展開。ただ、視聴者の中には、ドラマのストーリーとは別に、出演者のセリフに反応した人も多かったようだ。

劇中、横浜地検みなと支部の検事・真島修平(東出)が下した容疑者逮捕の判断に“ミス”があったのでは、との流れのなかで、支部長・樫村武男(柳葉敏郎)から「そういう不徳を引き起こしたのは誰だ!」としっ責される。そして修平は「僕はどこでミスったんだ…」とポツリ…。

こうしたセリフにSNSで“ツッコミ”を入れる投稿や、「現実とリンクしてしまう台詞に笑ってしまう」「セリフがブーメラン」などの声が上がった。

同ドラマは、初回の平均視聴率が12・0%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)と好スタートを切ったが、不倫発覚翌日の23日の放送は9・7%にダウン。

番組のSNSには視聴者から「東出を降板させないなら見ない」「検事が不倫で別居中なんて」などと厳しい声が続出。その一方、また違った見方でドラマを楽しむ声も出ている。

東出昌大、主演ドラマ内でも「おまえ、終わったな」と叱責される

女優唐田えりか(22)との不倫騒動の渦中にいる俳優東出昌大(31)が30日、群馬県内で、テレビ朝日の主演ドラマ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」(木曜後9・00)の第6話の撮影に臨んだ。

撮影スタッフの一人は「東出さんはいつも通りフランクに接してくれました。

ただ、騒動で相当参っているのか、無理して笑っているようにも見えました」と、現場での様子を説明。

東出が“空元気”を出して普段通りに振る舞う一方で、マネジャーが関係者に頭を下げ、騒動で迷惑をかけたことを謝罪して回っていたという。

関係者によると、ダブル主演する桐谷健太(39)が「神妙な顔をしていても、いい作品はできない。頑張っていこう」などと現場を盛り上げているという。

ドラマはこの日、第3話が放送された。東出が妄想シーンで、柳葉敏郎(59)演じる上司に「おまえ、終わったな」と仕事の責任を叱責(しっせき)され、ほかにも「そういう不徳を引き起こしたのは誰だ」と怒鳴られるシーンがあった。

騒動前に撮影されたものだが、ネット上では「タイムリーすぎる」「今の東出くんにぴったり」などと話題騒然。

劇中では「罪を償わないといけない」「また一緒になるにはリセットするしかない」など、別居している妻で女優の杏(33)への裏切り行為を想起させるセリフもあった。