ディーン・フジオカ「モンテ・クリスト伯」第1話 振り返り

モンテ・クリスト伯 第1話。

柴門暖と目黒すみれは結婚するはずだった

2003年春。小さな漁師町で漁業を営む紫門暖(ディーン・フジオカ)は同じ町で喫茶店『シンドバッド』を経営する目黒すみれ(山本美月)にプロポーズ。想いは受け入れられ、2人は結婚式に向けて幸せの絶頂にいた。
しかし、その矢先、暖の乗る遠洋漁船『海進丸』が遭難してしまう。暖の後輩、南条幸男(大倉忠義)は心配して『シンドバッド』へ。すみれは暖の帰還を信じ、努めて明るく振舞っている。
『海進丸』が所属する守尾漁業でも社長の守尾英一朗(木下ほうか)、船員だが今回の航海には怪我で出られなかった神楽清(新井浩文)たちが憔悴しながらも暖たちの無事を願う。

紫門暖は、目黒すみれにプロポーズして、結婚することになっていました。

しかし、暖の乗る船が遭難してしまった。

スポンサードリンク



船が遭難して

そんな守尾の事務所を漁協の組合長、遠藤勝也(仁科貴)が訪ねて来る。遠藤はもう2週間にも及ぶ遭難で捜索費がかさんでいることを守尾に告げた。守尾は船長のバラジ・イスワラン(ベヘナム)が優秀なので、みんな生きて帰ると譲らない。だが、遠藤はバラジを不安に思っている。バラジはテロ組織のメンバーではないかと疑われていたからだ。それでも、守尾は船員たちを信じていた。

2週間捜索しているが、まだ見つからないということです。

船長のバラジは、テロ組織のメンバーだと疑われていたりもするようです。

暖たちは、無事に生還したが

暖の実家では、母親の恵(風吹ジュン)が地上げ屋の寺門類(渋川清彦)と対峙していた。と、そこに『海進丸』帰港の連絡が入る。迎えに来たすみれと港に急ぐ恵。船員たちが上陸する中、暖も怪我はしたが生還を果たす。亡くなったのは船長のバラジだけ。すると、バラジの遺体を調べる男たちが…刑事の入間公平(高橋克典)の姿もあった。

暖の実家は、地上げ屋に地上げされそうになっているようです。

そんなところに、海進丸で、暖たちは生還しました。

船長のバラジだけが亡くなったということです。バラジの遺体を刑事たちが調べるようです。

物語

目黒すみれが、自転車で出かける。
柴門暖に、弁当を届ける。

柴門暖:すみれ、必ず幸せにします。俺と結婚してください。
すみれ:はい。

暖が喜ぶ。

2003年春。
すみれと南条幸男が、そのビデオを見ている。
南条:必ず帰ってくる。

海進丸が、遭難して2週間

守尾漁業の社長、守尾英一郎は、帰ってくると信じてる。

母親の柴門恵も祈っている。
電話がかかってくる。

海進丸が戻ってきた。
港に行く、守尾たち。

バラジ船長は死んでいた。
柴門暖は、生きていた。

暖:バラジ船長、頭を打って。

すみれと抱き合う暖。

入間刑事が、バラジを調べる。

暖は、星を見て、帰ってきたという。
暖は病室に。

南条幸男と、役者の練習をしている。
幸男は、明日、オーディション。
幸男が病室から出て行くと、神楽清がやってくる。

守尾漁業に戻ると、刑事が来ている。
バラジのことを、テロリストではないかと調べている。

守尾:何も出てこないのに

翌日、海進丸に柴門が行くと
神楽清は、船を降りることにした。
神楽:次の船長、お前だって。社長からのご指名だ。俺は事務方に回るよ。右肩になって、 会社支えてくれって言われたから。俺が丘に回って、お前は海でどんどん取る。チームプレーしょ、時代は。

柴門暖は、バラジに頼まれたことがある。
東京の渋谷に、あるものを届けてくれと。

柴門暖は、テレビで報道されている。

神楽は、南条幸男と寺角類と飲んでいる。
神楽:暖のことで、心配なことがあるんだよな。バラジさんが疑われてたって知ってた?

柴門暖は、何かバラジに頼まれたことがある、このことを、神楽は知りましたね。

スポンサードリンク



入間刑事が暖の家にやってくる

暖とすみれが、海辺で飲んで、星空を見ている。
暖:俺、もうダメだと思った。エンジンも通信機器も壊れて。1週間経って、バラジさんが死んだ。水もねえし、雨も降らねえし。甲板に出て、もうこれすみれと一緒に見れないんだなって。諦めてた。

すみれ:愛は勝つんだよ。どこにいても、暖を連れ戻すから。

キスする二人
それを見かける、幸男

神楽清が、海進丸に乗って、漁場にいるシュミレーション。

幸男は、オーディションに落ちる。

柴門の家。
すみれと、母親の恵の結婚式に着る服を選んでいる。

暖が、渋谷に出かけようとすると、刑事の入間がやってくる。

入間が、テロリストのことを疑っている。
入間:匿名の電話がありましてね。ククメットのメンバーだという。手紙を預かったとか
暖:バラジさんから預かっただけです。
入間:確認しましたか?
暖:いえ。でも。
大勢の命に関わることだからと、確認して欲しいという。

英語で書かれてて、暖はわからない。
バラジは、渋谷の会社に届けろと。

入間:これは、危険な手紙です。これを持っているだけで、あなたや家族に危険が及びます。あなたには迷惑をかけないことをお約束します。決して口外しないでいただけますか

入間に電話がかかってくる。
バラジの手紙を渡す予定だった男と、外務省の人質の人間と交換だという。

入間が、渋谷のTIファンドマネジメントに行く。

入間が、父親の貞吉に会いに行く

入間:なぜ、資金援助をしたのですか?
貞吉:ククメットは、テロ組織ではありません。
入間:人質の交換をしろと言って来ています。政府は前向きに動いています。
貞吉:覚悟はできています。選べ、公平。
入間:あんたとはとっくの昔に縁をきっている。
貞吉:神様が、お前にその手紙を見つけさせてくれたのかもしれないな。

暖とすみれの結婚式当日
暖が、すみれのウェディングドレス姿を見る。
暖:バンザイ!バンザイ!

披露宴の途中で、トイレに行く暖。
ビデオが流れている
「愛が勝つ」が流れる

テロ資金提供処罰法の容疑で逮捕される暖。

幸男が会場から出てくると
暖:何かの間違いだ。すみれを頼む、幸男

入間公平が、バラジの手紙を燃やす。

暖が車に載せられる所に、すみれが出てくる。
車を追いかけるすみれ

なんと、柴門暖は、結婚式の当日に逮捕されてしまいました。
そして、テロの資金を提供していたことにされてしまった。

第1話。結末へ

入間が、手紙の宛名を、Saimonに変えている。

暖は、ラデル共和国に送られる。そして、金の出どころはどこかと拷問を受ける。

すみれと幸男は、嘆願書を、ラデル共和国大使館に出そうとするが、受け取ってもらえない。

すみれは、ラデル共和国に行こうとするが、ビザが降りない。
すみれと柴門恵、守尾などは、駅前で無実だと署名を頼んでいる。

柴門の家には、テロリストの家だなどと書き込まれている。

神楽清は、守尾に退職願を出す。
入間は、テロリスト逮捕の功績として表彰される。

すみれは、「愛は勝つ」を歌っている。
暖も、「愛は勝つ」を歌っている。

2011年
暖の牢獄に、床下から男がやってくる

第1話  以上

スポンサードリンク