ディーン・フジオカ「モンテ・クリスト伯」第4話 振り返り

モンテ・クリスト伯 第4話

神楽留美に近づく真海。

土地開発プロジェクトの地鎮祭 神楽清が、政治家の木島義国に国有地の取引の話をする

清は、留美に、政治家とパイプをつなげと言い残し、言ってしまう そこに、入間公平から留美に電話。

スポンサードリンク




シンガポール以前の真海のことは、わからない、近づくなと言う

そこに真海がやって来る

安堂完治が、テナントに入りたいとので相談したいと。真海が安堂を紹介する

真海は、安堂のブランドに出資すると言う

安堂完治:お綺麗だから、モデルかと思いました。

真海が、留美をランチに誘う
真海と安堂が契約のサインをする。

安堂の力になってくれと、留美に頼む真海。

安堂:僕、親に捨てられて、施設にいたんですよ。その頃、好きな服着れなくて。だからいつか自分の服を作りたいと思うようになりました。全然軌道には乗っていないんですけど

留美:よかったら、主人に聞いてみましょうか。出資は無理でも、テナントの話も聞いてくれるかもしれない。

安堂は、男に借金の返済をしている

真海:彼は、必ずなくてはならない人間だ。私のために生まれて来た人間だ

入間公平は、入間未蘭と出口の結婚式を進めると言い出す。
未蘭:でも、研究を始めたばかりですし
公平:これからは、出口くんを支えてあげなさい。
未蘭は、貞吉に話していないと。

公平が、貞吉に、結婚が決まったと報告する
しかし、貞吉は、寝たきりで、話すこともできない。
未蘭:反対ですって。お爺様の考えていることがわかるんです。
公平:いい加減にしなさい。本当に思考能力があるのかも疑問だ。

真海が明日花に会いに来る

南条明日花と真海。江田愛梨もいる
南条幸男にCMの依頼が来たと、愛梨が報告
幸男は、前向きに検討すると言う
幸男:愛梨さん、バンパってきいたことがある?香港マフィアみたいなものらしい。今でもあるのかなって?

南条すみれは、撮影が終わった。
真海と明日花が一緒にいると言うと、すみれが向かう
しかし、真海は、もう帰ったという。
すみれは、パーティーを欠席したから、謝りたかったと。
愛梨は、変な噂が立つかもと

神楽清は、ライバル会社の五蓉が、南条幸男のCMをやると知る。
何としても国有地を取れと部下に

神楽清が南条幸男に会いに来る
清:CM、断ってくれないかな
幸男:無理です。事務所が入れたものですから
清が、親友を牢獄に入れたとマスコミに流れたらと、脅す
幸男は、それを考えたのは清だ、とやり返す

真海の別荘で、留美が、清に安堂に紹介する
清:残園ですが、力になることはできませんね。
真海:どうかされましたか。仕事でトラブルとか。もしかして、南条幸男さんの件ですか。

神楽エステートが五蓉と争っていると聞いたと、真海
真海は、香港にいた時に、幸男のよくない噂を聞いたと言う
悪い組織にいたと。

スポンサードリンク



留美が仮想通貨で損をする。

留美と安堂
留美:力になれなくて、ごめんなさい。インスタ見ました。私はこれが気に入っています。頑張れるといいね。

留美は、寝ている男から、ベルコインという仮想通貨が上がっていると聞く。
そして、その男たちは、愛梨が仕掛けたもの
留美は、仮想通貨を始める。

真海は、仮想通貨のベルコインを売るという
ベルコインは、大暴落する

入間未蘭は、魚市場にいる。
そこで、守尾信一朗と偶然出会う
信一朗が、パーカーを未蘭に貸す。

未蘭は、タボハゼのオスが欲しいと。
メスを飼っているという
未蘭は、もう飼えなくなるから、つがいにしてあげたいと
守尾:今度、俺、ダボハゼのオス、釣って来ますよ
未蘭:私、結婚するんです。

未蘭が帰宅すると、弁護士が来ている。

4話の結末へ

貞吉が遺言の内容を変えたという
30億円の資産を、家族に均等に譲るという、
しかし、出口と結婚したら、寄付すると、弁護士が報告する。

目で文字を判断して、意思表示ができる
私の遺産か、未蘭の結婚かどちらか選べ、公平
未蘭:ありがとう、お爺様

留美が、また入間公平を呼び出す
留美:お金を貸して欲しいの。300万円。他に頼める人がいないの。お願いします

留美が帰宅すると、神楽清が帰っている。
清:1000万円、出金したろ。
留美:私には向いてないみたい
清:負けたんじゃねえの。それで慌てて借りたんだろう。入間公平に。牛山にあとつけさせたんだよ。昔の愛人に。知ってたよ。過去のこと調べたから、お前のことなんて、どうでもよかった
留美:私は、あなたのことを愛そうとしていました
清:そういうのいらねえんだわ。若い男呼んでんのも気にしねえし。ま俺が、牛山に頼んだものだけど。けどよ、二度と俺の金に手出すんじゃねえぞ!

幸男は、五蓉建設のCMをやることに
清が、牛山に香港に行って、南条幸男の過去を調べろと。

留美は、安堂に、お金を渡す。
安堂は、受け取れないと。
しかし、留美は無理をしたいという。

安堂と留美がつながったと、愛梨が真海に報告する
愛梨:なぜあの男を?

留美は、神楽と結婚させられた。
死んだはずの我が子と再会できたら。
真海:DNAを検査に出したら、神楽留美と安堂は間違いなく親子だ。いずれいびつな関係に気づくことになる。もちろん、父親もな。

スポンサードリンク