「シグナル」第4話振り返り:ついに連続殺害事件の犯人を逮捕!衝撃の事実が明らかに!

第4話振り返り:ついに連続殺害事件の犯人を逮捕!衝撃の事実が明らかに!

視聴率7.9%

ついに連続殺害事件の犯人を逮捕!衝撃の事実が明らかに!

健人(坂口健太郎)から6番目の被害者が友人のみどりだと聞いた大山(北村一輝)は、犯行現場周を必死に探しました。

そして、女性の悲鳴が聞こえたため駆け付けてみると、手足を縛られて死んでいるみどり(佐久間結衣)を発見。

スポンサードリンク




大山はみどりの名を呼びながら泣き崩れました。

一方、管理官の中本(渡部篤郎)の命令で八代英子(真瀬樹里)の捜査を外された未解決事件捜査班。

しかし、捜査班のメンバーは内密に捜査を開始していました。

鑑識・小島(小池鉄洋)は現場から採取した指紋、山田(木村祐一)は八代宅近くに駐車していた車載カメラの映像を解析した結果、バス運転手・田中修一(モロ師岡)が有力な容疑者として浮上しました。

バス会社の社員達は「田中が溺愛する息子・ヒトシを自分が運行するバスに乗せていた」と証言。

さらに、田中が長期入院中のヒトシを看病していることも分かりました。

健人は、これらの証言などから連続殺人事件の犯人は息子のヒトシ、この事実を知っている八代英子を殺害したのは父親の田中とプロファイリングします。

実は、1997年にいる大山も田中とヒトシを疑っていましたが、証拠がなく逮捕できません
でした。

スポンサードリンク




さらに、大山から逃げようとしたヒトシがビルから飛び降りてケガを負ってしまい、

2018年の現在も車椅子の生活を続けていたのです。

一方、田中に会うために単独で病院へ向かった美咲(吉瀬美智子)は、背後にいたヒトシから首を絞められますが、駆け付けた山田と健人に間一髪のところで救出されました。

そこへ小島から「田中が城西署に自首して、連続殺害事件を自白している」という連絡が入ります。

取調室で健人と対面した田中は「息子は悪くない。」と言い、ヒトシの罪をなかなか認めようとはしません。

しかし、目の前に並べられた被害者の写真を見た田中は、ついにヒトシの犯行を自供し八代殺害を認めました。

健人はトランシーバーで大山に「大山さんとみどりさんのおかげでヒトシと田中を逮捕できました。

ありがとうございました。」と報告。

大山はみどりと行くはずだった映画を観ながら、泣いていました。

スポンサードリンク