「シグナル」第5話振り返り:過去を変えるのは危険?新 たな悲劇に苦しむ大山と健 人!

第5話振り返り:過去を変えるのは危険?新たな悲劇に苦しむ大山と健人!

視聴率6.7%

過去を変えるのは危険?新たな悲劇に苦しむ大山と健人!

女性連続殺害事件解決後、大山(北村一輝)の存在が気になる健人は(坂口健太郎)、

かつての同僚・岩田(甲本雅裕)に消息を聞きました。

スポンサードリンク



すると、「暴力団との収賄が発覚した大山は懲戒免職になり、2000年以降行方不明になっている。」と答えました。

驚いた健人が当時の関係者・元暴力団員に会いに行くと

「大山に違法営業をゆすられて300万円を渡した」

と証言し、領収書も残されていました。

しかし、健人は証拠が揃いすぎていること、2000年にトランシーバーで繋がった際に銃声が聞こえたことなどから、大山の身に何か起こったのではないかと推察します。

その頃、元暴力団員から報告を受けた中本(渡部篤郎)は、健人について詳しく調べるよう岩田に命じていました。

一方、1998年にいる大山は城ケ崎地区で起きた連続窃盗事件を捜査していました。

被害に合ったのはセキュリティー完備された裕福な家ばかりで、犯人逮捕につながる指紋も
残っていませんでした。

そこで、大山は5年前に窃盗罪で逮捕し、現在は一人娘・和美(吉川愛)のために更生している

工藤(平田満)の元を訪れます。父親の懲役期間に大山から面倒を見てもらった和美は、

「父を信じて欲しい」

と言い、オススメの曲を録音したカセットテープ手渡します。

犯人像が掴めない大山から連続窃盗犯を教えて欲しいと頼まれた健人は、

「その事件は2018年の現在でも未解決のままです。もしかしたら、犯人は下調べのために郵便物などを漁っているかもしれない」

と伝えました。

スポンサードリンク



大山との通信後に居眠りした健人は、今までなかった工藤逮捕の報道をネット検索で発見。

被害者宅の郵便受けから見つかった工藤の指紋と目撃証言が決め手となったのです。

さらに、和美が焼死する事件も新たに発生しており、大山は過去を変えたことを後悔していました。

2018年に出所した工藤は和美の焼死に関係している大学研究員の娘・矢部香織(野崎萌香)を自宅から拉致し、冷凍庫に閉じ込めてしまいます。

一方、矢部香織の父から通報を受けた城西署では捜査を開始。

健人は工藤が意図的に防犯カメラに映り指紋を残していると考えました。

健人は単なる誘拐事件ではなく、怨恨の可能性があると中本に主張しますが……。

スポンサードリンク