竹内涼真主演ドラマ『テセウスの船』第1話のあらすじ・ネタバレ・感想!!

竹内涼真主演ドラマ『テセウスの船』第1話のあらすじ・ネタバレ・感想!!

竹内涼真が主演を務めるドラマ『テセウスの船』(TBS系/毎週日曜21時)の第1話が放送され、主人公の父親を演じる鈴木亮平が「ミステリアス」「ギャップがすごい」「演技うますぎ」などと反響を呼んでいる。

本作は、週刊漫画誌「モーニング」(講談社)連載の東元俊哉による同名漫画を実写ドラマ化する“泣ける本格ミステリー”。竹内は、警察官の父親が起こしたとされる殺人事件の謎を追う青年・田村心を演じる。

心は、父・佐野文吾(鈴木)が無差別殺人事件の犯人として逮捕されたことで、母・和子(榮倉奈々)と姉兄と共に、加害者家族として世間からの厳しい視線を浴びてきた。

和子からは「あなた達に父親はいない、そう思いなさい」と言われてきた。

心の過去を受け入れ、いつも励まし支えてくれる妻・由紀(上野樹里)は、「信じてみたいの、心のお父さんだから」と言葉をかけてくれるが、出産後に息を引き取ってしまう。

由紀が残してくれた自分の子どもに真っ直ぐな瞳で見つめられ、心は父に向き合う決心をする。父が逮捕された事件の現場跡地を訪れた心は、突然深い霧に包まれ、事件直前の平成元年にタイムスリップしてしまう。心はそこで31年前の父と母に出会うのだった…。

第1話のあらすじ

竹内涼真演じる田村心の父親「佐野文吾(鈴木亮平)」は31年前殺人犯として逮捕された。そのおかげで心の家族は世間から厳しい目を向けられ、隠れるように生活してきた。

現在、心は由紀(上野樹里)と結婚し、お腹には子供も授かり幸せを感じている。そんな中、由紀は心の父親はえん罪なのでは?と疑っていた。

なぜなら31年前に起きた事件の前に不可解な事件がいくつも起きていたからだ、。由紀は事件に関する新聞のスクラップなどをノートにまとめていた。

由紀は父親と面会することを心に提案していた。えん罪を信じていたからだ。

しかし現在に満足しており、父親に憎しみの気持ちしかない心はそれを拒否するが、由紀の容態が急変。子供だけを残し帰らぬ人となってしまった・・。

残された心は、子供が自分の子供だと幸せになれないと感じ、父親の事件の真相を探ることにした。

訪れたのは、父親が起こした21人の児童殺害の現場でもある小学校。するといきなり霧につつまれどこかへタイムスリップしてしまった・・。

霧が晴れるとそこに倒れている一人の少女。心は助けを呼び病院へ運ぶと1989年のカレンダーが。そこで1989年にタイムスリップしていることに気づく心。

さらに助けた少女は姉の鈴であることも判明し父親の佐野文吾も登場。心が助けたことで鈴のほほの傷は後も残らず回復することもわかった。

現在の心の姉のほほには傷の後が。つまり心は過去を変えることで未来が変わることを理解した・・・。

そして心は由紀がノートにまとめた事件を未然に防ごうと動いていく。

その日は鈴の友達である千夏ちゃんがパラコート(除草剤)により毒殺された事件。心は未然にパラコート(除草剤)を隠すが、なぜか千夏ちゃんはパラコートにより毒殺されてしまった・・。

千夏やんが亡くなる前に千夏ちゃんをどこかへ連れていく佐野文吾の姿を見ていた心は父親が犯人だと疑った。しかし父親の佐野文吾を含む村の警察たちは心に疑いをかけていく・・・。

そんな時、鈴からあかねちゃんがいなくなったことを聞く心。しかし由紀のノートによるとあかねちゃんが失踪する事件は6日後のはず。急いであかねちゃんを探しに向かう心。

すると吹雪の雪山で父親の佐野文吾があかねちゃんを連れていく姿を見かける心。やっぱり父親があかねちゃんの失踪事件の犯人だと知り、憎しみも倍増する心。

必死に追いかけると崖の下にあかねちゃんと佐野文吾が。

そこで佐野文吾が山中で道に迷っていたあかねちゃんを助けていたことを知る心。

さらに崖の下にいる佐野文吾が自分を残しあかねちゃんを先に村に返すことを指示すると、心は憎しみを抱いていた父親が実は子供のために自分を犠牲にできる人だと知る。

心は父親が31年前の事件、そして周辺で起きた不可解な事件の犯人ではないことを確信した・・・。

観た感想

終盤まで父親がすべての事件の犯人であるような描写で進んでいき、さらに鈴木亮平さんの表情がさらにその疑いを倍増させるシリアスな雰囲気が本当は犯人じゃないかと思わせるとこがなんとも言えませんでした。

最終的には父親は犯人ではないと確信した心ですが、とにかく疑わしい人が何人か登場してきたので、今後誰が犯人なのかを考えながら視聴するのがとても楽しそうです。

展開としては、最初のパラコート(除草剤)事件で心が疑われているように、最後の21人の殺人事件の犯人にされちゃうんじゃないかという心配も浮かびました。

私としてはもう少し心が上手く立ち回れないかと思いましたが、物語の進行上から仕方がないのでしょうね。

テセウスの船 全10巻 新品セット