竹内涼真ドラマ【テセウスの船】犯人は?5話のあらすじネタバレ感想

ドラマ『テセウスの船』5話 あらすじ

タイムスリップした平成元年から再び現代へ戻った田村心(竹内涼真)は、歴史が変わってしまうまでは妻だった記者の岸田由紀(上野樹里)の協力を得て、

父・文吾(鈴木亮平)の無実を証明できるという証言者の松尾から連絡を受ける。それは心にとって、父の冤罪を晴らす唯一の希望の光だった。


その頃、木村さつき(麻生祐未)に「正体を知っている」と脅されていた村田藍(貫地谷しほり)。

文吾の娘だと夫の木村みきお(安藤政信)に隠し続けてきた藍は、さつきのある謀略に協力させられる。果たして、さつきの魂胆とは何なのか?

そして、心は突然、松尾から証言はできないと連絡を受ける。父を救う唯一の希望を失いたくないと、心は由紀に励まされながら必死で松尾に証言を願うが…。

ネタバレあらすじ

松尾から証言はできないと連絡を受けた心(竹内涼真)は、松尾の元をたずねる。

しかし松尾は家から出てこない。

心は雨の中、松尾の家の前で夜中まで待ち続けるが、心は松尾に会うことができなかった。

松尾は佐野(鈴木亮平)の面会に訪れる。

松尾は長谷川翼(竜星涼)の婚約者だった佐々木紀子(芦名星)だった。

松尾は重要な証言を黙っていたことを佐野に打ち明け謝罪。

佐野も松尾が1人で秘密を抱えていたことを理解して気持ちに寄り添う。

一方で木村さつき(麻生祐未)に佐野鈴であることがバレた村田藍(貫地谷しほり)は、脅されて証言者の情報を教えてしまう・・・。

木村さつきは松尾が佐々木紀子だということを独自のルートで調べ上げ、家に行く予定を立てていた。

木村さつきは、藍に佐野の娘の鈴であることを打ち明けて情報を聞き出してくるように命じる。

拒否する藍だったが木村さつきは必死。

そんな藍の元に心からメールが入る。

心は松尾が証言をしてくれることになったと藍に報告。

そのメールを目撃した木村さつきは激怒。

急いで藍も松尾の家を訪問し、藍と心で松尾の証言を聞くことになった。

当時、佐々木紀子は翼からDVを受けていた。

翼から青酸カリを用意しろと言われた佐々木紀子は、働いていた工場から青酸カリを入手。

そのあとすぐ、三島あかねちゃん監禁事件が起きた。

そしてすぐに翼は青酸カリを飲んで自殺。

亡くなる前、翼は「あかねちゃんをちゃんと殺せなかった、指示通りにできなかったから俺はもう終わりだ」と黒幕を匂わせることを言っていたそうだ。

翼が死んで残りの青酸カリを探した佐々木紀子。

しかし青酸カリは見つからなかった。

罪悪感と恐怖で生きる気力を失った佐々木紀子は自殺を考える。

死に場所を探して音臼坂まで行った。

そこで金丸が犯人らしき人間に崖から突き落とされる場面を目撃する。

犯人の顔までは見えなかったが声には聞き覚えがあったそうだ。

金丸と犯人は未来のことが書かれたノートについて話していた。

その後、金丸は犯人に崖から突き落とされる・・・。

佐々木は、犯人の声に心当たりがあった。

肝心な犯人の名前を言おうとした瞬間・・・・藍が倒れた!

話は中断。救急車を呼び、ひとまず藍を病院に運ぶ。

しかし藍は木村さつき(麻生祐未)の指示で倒れだけだった。

藍に付き添うため心が去った後、木村さつきは松尾の家に上がり込む。

そして松尾に証言をしないよう説得を試みるが、松尾の決意はすでに固まっていた。

もう殺すしかない・・・ってことで木村さつきは松尾に毒入り饅頭?を食わす。

松尾死亡。

木村さつきもカモフラージュで毒入り饅頭?を食べて病院に運ばれる。

松尾が死んだことを由紀(上野樹里)から聞いた心は、やっと掴みかけた手がかりを失ってショックを受ける。

自暴自棄となった心を励ます由紀。

「諦めるんですか?お父さんと約束したんですよね?何をしてでもお父さんを助けるって!もう運命から逃げないって!私は諦めません。この理不尽な運命から。とことん戦いたい。あの時、心さんを1人にさせないって決めたから」

由紀に抱きつく心。

由紀も心に応じる。

そして病院で目を覚ました木村さつき。

計画がうまく行ったと笑う。