ワールドカップの優勝賞金はいくら?

ワールドカップの優勝賞金はいくら?

スポンサーリンク




国と国との名誉の闘い、という側面ばかりがクローズアップされ、賞金の事は全く話題になりませんが、サッカーのワールドカップでも、もちろん報酬は支払われます。

まず出場32チームは、グループリーグーの3試合をプレーすれば、たとえそこで敗退したとしても450万スイスフラン(約3億6千万円)をFIFAから受け取る事になります。

決勝トーナメントに進むと、報酬はウナギ登りです。一回戦でも160万スイスフラン(約1億3千万円)もらえるし、準々決勝に駒を進められれば180万スイスフラン(約1億5千万円)、準決勝及び3位決定戦の場合は200万スイスフラン(約1億6千万円)、そして決勝戦の場合に限って優勝したチームに250万スイフラン(約2億円)が、そして破れたチームには225万スイスフラン(約1億8千万円)もの大金が支払われるのです。

つまり、日韓で開催されたワールドカップに優勝したブラジルチームには合計で1240万スイスフラン(約10億円)もの賞金が渡された事になります。

スポンサーリンク



なぜハットトリックというのでしょうか?

サッカーで、1人の選手が1試合中に3点以上得点する事を「ハットトリック」といいます。実はこの「ハットトリック」という言葉、アイスホッケーでも使われています。使われ方はサッカーと同じで、1人の選手が1試合中に3点以上得点した時です。

元々この言葉は、イギリスの国技「クリケット」の試合で、1人の投手が3人の打者を連続アウトにする事を指していました。そして、これを達成した投手には、その名誉をたたえるために「帽子」を贈る習慣がありました。

英語で帽子は「Hat」。そして「Trick」は早業、策略という意味です。三人の打者を連続アウトにする為には、よほどの策士かスピードボールを持っていないと出来ないという訳です。なぜ三人の打者を連続アウトで、それほどまでに騒がれるのかと言うと、クリケットは一試合消化するのになんと三日もかかる気の長いスポーツで、そのルール上、打者をアウトにするのがとても難しいのです。

なんと、投手が三人の打者を連続アウトにするのは、野球で完全試合を達成するくらいの難度とされています。

スポンサーリンク