東京オリンピック開催に関する雑学!!聖火リレーの起源とは?

聖火リレーの起源とは?

オリンピックといえば、聖火リレー。今や当たり前の様に考えるが、最初からそのようなイベントが行われていたわけではありません。実は聖火リレーが始まったのは、1936年でした。

1936年のオリンピックは、第11回ベルリンオリンピック。つまり、あのヒトラーのお膝元で行われたものでした。

ヒトラーはオリンピックを政治的、軍事的に最大限利用しました。その一つとして考え出されたものが聖火リレーだったのです。

ベルリンでのオリンピックの前、ヒトラーはバルカン半島を経てギリシャに侵攻するルートを探っていました。聖火リレーはそのルートを探す為の口実として行われたというのです。

ナチスドイツの宣伝大会といわれたこのオリンピックでは、まだ実験段階だったテレビを使った中継も行われ、ドイツの技術力を世界中に見せつけました。

1国だけではできなかったオリンピックとは?


2002年サッカーワールドカップは日韓共同開催となったが、オリンピックの場合はオリンピック憲章によって、「国内の他の都市、もしくは他の場所で一部の種目を開催都市がIOCから得ていない限り、すべての競技はオリンピック競技大会の開催都市で行わなければならない」と記されています。

つまり2ヵ国にまたがって行うのは許されていません。

ところが、一度だけ、一つの国内で開催する事ができなかった例があります。それは、1956年のメルボルン大会。

南半球で初めて行われるオリンピックという事で、世界中の注目を浴びたのだが、実は「馬術競技」だけが他国で行われました。

その理由はオーストラリアの検疫制度にありました。同国には「馬を入国させる場合には、6ヶ月の検疫機関が必要」と法律で定められていました。

その事をIOCが確認し忘れていたのでした。その為、馬術競技のみ、スウェーデンのストックホルムで開催されました。

幻の東京オリンピックとは?

東京オリンピックが開催されたのは、今から53年前の1964年でした。それを機に、首都高速道路が作られ、大型ホテルが次々に開業しました。日本はオリンピックを開催したことによって、名実共に先進国の仲間入りをし、高度成長の時代に突入したのです。

ところで、それより以前に、東京でオリンピックが開催される予定があったのを、ご存知でしょうか?1940年、第12回オリンピックの開催予定地として、東京が決定していたのです。

ところが1938年に、政府及び東京市議会、そしてオリンピック実行委員会が開催中止を決定し、開催権を返上するとIOCに連絡をしたのです。

1938年といえば日中戦争の前夜。すでにオリンピックのポスターなどは用意され、準備は整いつつあったが、軍部の強固な反対によって返上になってしまいました。

ちなみに1939年には第二次世界大戦が勃発し、1940年には日独伊三国同盟が締結されています。仮に、日本が開催権を返上しなくても、オリンピックの開催は不可能だったことでしょう。

スポンサーリンク