焼香の仕方は?告別式と結婚式が重なってしまったらどちらが優先?

正しい焼香の仕方は?

スポンサーリンク


遺影の前で行う焼香は、故人の霊を鎮め、成仏できるように念じる為の作法です。焼香には立ったままする略式の立礼と、座ってする正式の座礼があります。

立礼の場合は、まず親族と僧侶に一礼する。ただし、会葬者が多数の場合には、この挨拶はしなくてもよいです。遺影の前で一礼したら、香炉の右側にある抹香を、親指、人差し指、中指の三本で少しつまみ、軽く目の前に持って来てから、香炉の中に落とします。焼香の回数は一回から三回と宗派によって違いますが、二回にしておけば問題はないでしょう。

焼香が終わったら遺影に向かって一礼して、親族と僧侶にも会釈します。また、座礼の場合も、基本的に立礼と同じ手順で行います。親族と僧侶に一礼した後、祭壇前に進み合掌します。線香を一本右手で取り、ろうそくで火をつけます。線香を左手に持ち替えて、右手で線香の火を消す。この時、くれぐれも吹き消さない様にしましょう。

そして、もう一度右手に線香を持ち替えて香炉に立てて、合掌します。その後、後ずさりして親族と僧侶に一礼して、自分の席に戻ります。

多分ほとんどの方は正式には習っていないでしょう。もし焼香の仕方がわからなかったら、仏式の場合は、ご自分の宗派の焼香回数だけご焼香されればよいのです。一番大切なことは、心を込めて合掌するということですよね。

故人と親しくない場合の挨拶は?

スポンサーリンク


訃報を聞き、とりあえずの弔問にうかがった場合、祭壇も棺も用意されていない事があります。遺族も突然の事で、気が動転しているはずです。もし、仕事上の付き合いや単なる知人程度の弔問なら、そんな時は玄関先でお悔やみを述べて失礼しましょう。

喪主や家族をわざわざ呼び出す必要はありません。玄関先に出てきた相手に挨拶して、名刺を渡しておけば、来訪の目的は十分に果たせます。もし、すでに焼香の準備ができていたら、霊前にお線香をあげさせていただきます。この場合も、精進落としなどの席は固辞して、すぐに失礼するべきです。ただし、もし人で不足の様子だったら、手伝いをするといいでしょう。

故人との対面は、遺族から申し出がない限り、こちらからは言い出さないのが礼儀です。遺族から対面を勧められても気が進まない場合は、あからさまに嫌な顔をするのではなく、「悲しくなりますので、ご遠慮致します」と、断ってください。対面する場合でも、自分からは顔の白布を外してはいけません。

告別式と結婚式が重なってしまったら?

時折、告別式と結婚式が重なってしまう事があります。そんな時はどちらを優先させるべきだろうか?実はどちらを優先させるべき、という答えはマナーブックにも見当たりません。しかし、こんな時は告別式を優先させるべきではないでしょうか?

なにしろ、告別式は人生に一度きりの最後の儀式です。結婚式の当事者には今後、何度でも会うことができるが、告別式はもう二度とありません。

こう考えれば、告別式を優先する理由がわかるはずです。もし、故人と親しかったのであれば、告別式だけではなく、葬式にも参列すると良いでしょう。残されたご家族もきっと喜んでくれるはずでしょう。

スポンサーリンク