おせんべいとあられ、違いとは?

おせんべいとあられ、違いとは?

スポンサーリンク




米菓業界では、おせんべいはうるち米(普通のお米)から作られたもの、あられはもち米から作られたもの、と定義されています。

しかし、これはあくまでも業界の定義でしかありません。地域によっては、まったく違う定義付けがなされています。

例えば関東では、粒の小さなものを「あられ」、そして大きなものを「おせんべい」と呼んでいます。これは、空から降ってくる霰(あられ)から連想されたもののようです。また「あられ」よりも少し大きな米菓は「おかき」と呼ばれています。

ところが関西では、「あられ」の事を「おかき」と呼ぶ事が多いようです。これは、「欠いて食べるから」とされています。お供え餅を焼いた後に、粉々にして食べたから「おかき」という訳です。だから、「おかき」の事を関西では「かきもち」ともいいます。

ところで「おせんべい」の名前の由来は、街道沿いで団子を売っていたおばあさんが、売れ残った団子を平たく伸ばして焼き上げたところからきているらしいです。そのおばあさんの名前は「お仙」。お仙が焼いた餅だから、「おせんべい」という訳だそうです。

おしることぜんざいの違いとは?

おしることぜんざい、お店によっても呼び名が違うようですが、この二つに明確な違いはあるのでしょうか? まず、原材料はどちらも同じといっていいでしょう。小豆、砂糖、そして白玉かお餅。

関東でおしることいえば、あんの水分が多いものの事をいうそうです。箸でかき混ぜてかき混ぜてもさらさらしていたら、それはおしるこです。

それに対して、ぜんざいはお餅や白玉の上に汁気の少ない濃い粒あんをかけたものの事をさします。

ただし、これはこれはかなりの地域差があります。関東では粒あん、こしあんのどちらで作ってもおしること呼びます。しかし関西でおしることいえば、、こしあんで作った汁の事をさし、「粒あんのおしるこ」などと言えば、笑い者になってしまいます。関西では粒あんのおしるこの事を特別に「ぜんざい」と呼んでいるのです。

スポンサーリンク




なぜタコスミ料理はないのでしょうか?

イタリア料理がメジャーになり、イカスミ料理もずいぶんポピュラーになりました。ところで、スミといえばイカだけではなくタコも吐き出しています。それにもかかわらず、スミ料理といえばイカばかり。ではなぜ、タコスミ料理はないのだろうか?

実はタコスミは、イカのスミの様に粘り気がない為、料理にうまくからまないのです。

そもそも、イカとタコではスミの使い方が違うのです。タコはスミを煙幕の様に使い、敵の目を眩まして逃げます。しかし、イカの吐きだしたスミは水中で固まります。敵はそのスミをイカと勘違いしてそれに襲いかかります。つまり、タコスミはさらさらで、イカのスミは粘り気があるのです。

しかし、それ以前の問題として、タコスミはおいしくないのです。イカスミが料理に使われるのは、旨味成分のアミノ酸がたくさん含まれていて、おいしい為なのです。ところが、タコスミにはイカスミの30分の1の程度しかアミノ酸が含まれていないのです。

スポンサーリンク