エイプリルフールの秘密とはどんな事?

日曜日がカレンダーの最初に来る訳とは?

スポンサーリンク




一週間という考え方は、紀元前3千年頃、西アジアの古代バビロニアで誕生したといわれています。彼らは太陽を含む7つの星が時間を支配すると考えました。それが月、火星、水星、木星、金星、土星、そして太陽(日)でした。当時の一週間の始まりは土曜日でした。

ところが、その後ヘブライ人たちが土曜日を最後の週に置き換え、日曜日を週の始まりとしました。旧約聖書を読んでも週の始まりは日曜日になっています。この事が西洋の国々に広まり、日曜日から始まるカレンダーが作られたという訳です。

日本は旧暦を使用していたが、明治5年に太陽暦に変更されました。そして、その4年後、太政官布告で官庁の休みが土曜の午後と日曜に決まりました。これが土日を週末と呼ぶ様になった理由です。つまり、週末という言葉は日本で考えられたものです。カレンダーはキリスト教の影響を強く受けてできたものだから、噛み合わないのは当たり前なのです。

ちなみに、国によってはカレンダーが月曜日から始まるところもあります。例えばフランスなんかがそうです。しかし、お隣のドイツとイギリスは、日本と同じ様に日曜から始まっています。最近では、日本でも月曜から始まるカレンダーが販売されています。

日曜日は平安時代にもあった?

スポンサーリンク




日曜日は平安時代にもありました。藤原道真の日記「御堂関白日記」の日付に「日曜・月曜‥‥‥」と書かれてあることからも、わかります。

一週間の7日の呼び方に、日(太陽)と月と、五つの惑星の名(火、水、木、金、土)をあてたのはキリスト教団で、325年のニケヤ宗教会議によって決められたという事です。この七曜制は、なぜかキリスト教の伝来よりもはるかに早く、日本に伝わりました。

しかし、日本で日曜日が”休日”と定められたのはずっと遅く明治9年の事でした。官公庁、銀行、学校などが実施して、以後一般企業にも定着してゆきました。

江戸時代の国民一斉の休日は「盆、暮、正月」くらいでした。昔の人は働き者だったと驚きましたが、現代の日本人もなかなかなものです。日本人の就業時間数は、先進国の中でも相変わらずのトップクラスです。

エイプリルフールの秘密とはどんな事?

4月1日はエイプリルフールです。ウソをついてもいい日とされ、欧米では新聞やテレビまでもが嘘のニュースを流し、とんでもない騒ぎになる事もあります。

この日だけ嘘が許されるという事については様々な説があります。

  1. 4月1日はキリストの命日です。キリストがユダの嘘によって裏切られた事を忘れないようにと、キリスト教徒達が制定したという説。
  2. ローマ時代の4月1日、道化師が主人の椅子に座り、主人が奴隷に仕えるという無礼講が行われていました。道化師の事を「フール」というところから、エイプリルフールが生まれたという説。
  3. 4月1日、ノアが方舟の中から陸地を探す為に鳩を飛ばした。しかし、ハトは陸地を見つけられずに舞い戻って来ました。このように、あてにならない事が転じて、嘘をついてもいいという行事になったという説。

一般的には1の説が有力だとされています。

スポンサーリンク