眠りに忍び込んでくる”夢魔”とは?

眠りに忍び込んでくる”夢魔”とは?

人が夢でうなされるのは、夢魔がいたずらをしているからだ……………。

スポンサードリンク




日本人にはあまりなじみがない考え方ですが、西欧には、人の夢の中にこっそり入り込んで、悪さをしたり、人のエネルギーを奪う「夢魔」がいるという伝説があります。

ギリシア神話に出てくるエムプーサという夢魔は、男性の夢に入り込んで誘惑し、男の精気を吸い取って堕落させるエッチな夢魔。顔や胴は、この世のものとは思えないほど美しい女性ですが、片足はロバの蹄で、もう片方の足は青銅の蹄。背中にコウモリの羽根を背負っているという奇怪な姿です。

彼女の誘惑を避けるには、悪口雑言の限りをつくして罵る(ののしる)ことだそうで、罵倒されたエムプーサは、無力になってしまうと言われています。

スラブ民族に伝わるキキーモラという家の精は、その家の主婦が働き者の場合は、家事を手伝ってくれる重宝な精霊です。ところが、主婦がぐうたらの怠け者だと、夜中に子供をくすぐって、怖い夢を見させる夢魔に変わります。

ドイツで信じられていた夢魔アルプは、人や動物の姿に自由に変身するのが特技です。実体は毛むくじゃらの魔女です。人の夢に入り込んでいたずらをしたり、悪夢を見せたりすると考えられています。

淫夢を見せることで有名なインキュバスとサキュバスは、デンマークの夢魔です。男の姿で女性を誘惑するのがインキュバスで、女性の姿をして男性を誘うのがサキュバスです。いずれも美形なのが特徴です。

スポンサードリンク




インキュバスは、ラテン語のincubo(上に寝る、のしかかる)が語源で、女性に快楽を与えてエネルギーを吸い取ったり、父親のわからない子供を妊娠させたりします。もともとは、人間の女性に堕落させられた天使だという説もあります。

サキュバスは、同じくラテン語のsuccubo(下に寝る)が語源です。森の妖精だったといわれ、人間の男性から精気を吸い取ると、次にインキュバスと交わってエネルギーを分かち与えます。

他の国の夢魔が、悪夢や恐怖を与えるのに対して、インキュバス、サキュバスは快楽を与えて、しまいにはミイラのようにしてしまうというあたりがユニークです。性の解放で有名なデンマークらしい夢魔といえるかもしれません。

夢魔を近づけない為に、西欧で信じられているのは、五芒星(ごぼうせい)『ひと筆書きで描く星の形』といわれる星を、ドアやベッドに描く事。枕の下に、この星を描いた紙を入れておくだけでも、恐ろしい夢を避けられるのだそうです。

スポンサードリンク