追いかけられる夢  追いかける夢

追いかけられる夢

スポンサーリンク




何か恐ろしいものに追いかけられ、必死に逃げる夢は、誰もが一度ならず見たことがあるでしょう。逃げようとしても足が動かなかったり、誰も助けてくれなかったりする場合も多いのですが、大抵の場合は捕まる前に目が覚めます。

子供ならば、追いかけてくるのは「親」であり、「人間社会のルール」と考える事ができます。それに捕まりたくない、自由で気ままに子供らしさを発揮したいという願望の表れなのです。

一方、成長してからの夢の場合は、むしろ「追いかけてくるもの」につかまりたいと感じているところがあるようです。追いかけるものは、「社会の荒波」「大人としてのルール」「性的欲求」などの象徴。追いかけてくる怪物や暴漢、オバケなどにとらえられる事を恐れながらも、なかばつかまってみたい。怖いモノの正体を、実は知ってみたい気持ちが表れているのです。

その背後には、親の言いつけを破る度胸はないけれど、親の庇護から脱皮して独立したい。淫乱には思われたくないけれど、時には性的に奔放にふるまってみたいという願望が隠されているようです。

いうまでもなく、追いかけてくるものが、何かによって、解釈は変わってきます。たとえば、犬は父親の象徴、虫は嫌な上司やお局さま、口うるさい母親を表していると考える事ができます。

大きな犬が追いかけてくるなら、父親の言う「いい子」でいたい気持ちと、思い通りにふるまいたい気持ちが、相半ばしているように思われます。

追いかけてくるものが何であるか、それが何を象徴しているか、心の声に耳をすましてみてください。新しい世界を恐れながらも覗いてみたいと感じている、あなたの願望が見えてくるかもしれません。

スポンサーリンク



追いかける夢

追いかける夢には、ふたつの側面があります。
ひとつは、追いかけて撃退したり、責めたりしようとしている夢。もうひとつは、手に入らないものを追い求めている夢。ここでは、前者について分析してみましょう。(手に入らないものを探し求める夢は、「何かを探している夢」を参照して下さい)。

相手を攻撃するために相手に追いすがる夢は、現実の世界で感じている恐怖や不安を、なんとか消し去りたいと考えている事を表しています。ゴキブリを追い回して、撃退しようとしている夢などは、現実の世界で嫌いな上司や先輩に、口うるさく責られていて、「ネチネチ言うのはもうやめて。私の事は放っておいてよ」と言いたい気持ちが表れていると考える事もできるでしょう。

相手から自分の失敗を追求されたり、うるさく責められたりするのをこわがっている時も、その恐怖心をごまかすために、逆に相手をつけまわす夢を見る場合があります。

恋人に内緒で違う男性とデートしてしまった女性が、本命の彼から責められるのを恐れるあまり、反対に「恋人が浮気をしている。自分は、彼の相手の女性を、怒って追いかけている」というような夢を見ることもありうるわけです。

スポンサーリンク