空を飛ぶ夢、落ちる夢にはどんな意味があるのでしょうか?

落ちる夢

スポンサーリンク




何かを飛び越えようとして落下する、階段や屋上で足を踏み外すといった夢は、ほとんどの人が見た経験がある事でしょう。とくに子供のころに、何度も繰り返し見たという人が多いようです。大抵の場合、足を踏み外したり、飛び越えそこなったりして、「あっ!落ちる」と思った瞬間に、目が覚めるものです。落下して地面にたたきつけられるところまで見る人は、あまりいないのではないでしょうか?

壁や何かの障害を、飛び越そうとして越えられず、ストンと落ちてしまう夢は、現実の世界でも何かの問題や障害を乗り越えたがっている事を意味する場合があります。昼間の世界でも、その障害が大きくて、乗り越えるのはとても困難に感じているのでしょう。また、「何かを失うのではないか」という不安を、表している事もあります。恋人の愛情や社会の評価、仕事での信用など、その人の置かれている状況によって、不安を感じている元は異なってきます。受験がうまくいかないのではないか?恋人と最近うまくいかず、さよならを言われてしまいそうだ。うるさい先輩から、面倒な仕事を押し付けられてしまったけれど、自分一人でできるか自信がない…

スポンサーリンク



乗り越えなければならない障害が大き程、どこか高いところから落ちる夢を見やすくなります。一方で全く違った解釈もあります。
子供の頃は誰もが、親などに高く抱き上げてもらって、ストンと落とされかけたところを抱きとめてもらう遊びをしてもらったのではないでしょうか?この時の身体感覚のなごりが、大人になっても潜在意識に残っていて、いざとなったら支えてもらえるスリルを懐かしがって、落ちる夢で擬似体験しているという説もあります。

空を飛ぶ夢

高いところから落ちるのではなく、空を自力で飛んでいる夢は、開放感をもって、自由に行動したい気持ちの表れです。概して、体の調子もよく、気分のいい時に見やすい夢です。

特にスイスイ泳ぐように飛んだり、速度や方向を自分でコントロールできるような飛び方をしたりしている時は、気力、体力ともに充実していて、現実の世界でも、困難や障害を乗り越えて、自分らしく行動できることを暗示しています。

飛んでいて、落ちそうになったり、うまく着陸できなくて困っていたりする夢を見た場合は、現実の世界でも何かプレッシャーを感じているのでしょう。

低いところを、所在なくフワフワ漂っている夢は、自由への憧れはあるのに、自分の能力に自信が持てず、ふがいなく感じている暗示と思われます。

スポンサーリンク