地震が起きる夢、裸になっている夢にはどんな意味があるのでしょう?

地震が起きる夢

スポンサーリンク




どこか後ろめたい思いのする行動をしていて、人に知られたら大変だと感じているようです。自分自身ではそれなりに罪悪感があって、何とかしなければと感じているのに、やめるにやめられない困った状況にあるのかもしれません。

その行為が露見してしまえば、まさに「足元が揺らぐ」ような恐怖感があるのです。

また、外に出たり、階段を上ろうとしていたりする時に、地震にあうというのは、何か新しいことを始めようとする恐怖や、やましさを表す事もあります。特に性的な関係をはじめて持とうとする時などは、見やすい夢の一つといえるでしょう。

裸になっている夢

ちょっと前の女性ファション誌で、一般の女性のヌードを有名カメラマンが撮影するという企画がありました。

元気で自己主張の強い女性が増えたからなのでしょうか。応募者がかなり多くて、選考が大変だったという話を聞きました。それだけ日本の女性達も、「自分のありのままの姿」に自信を持ち、人に見てもらいたいと思うようになったのかもしれません。

スポンサーリンク



人前で服を脱いだり、全裸のままで街中を歩いたりしている夢は、人から注目されたい気持ちの裏返しです。

たとえ、夢の中で恥ずかしいと思っていたり、服を着たいのに着られないと困っていたりしている場合でも、どこかで自分をよく見せたいという願望が働いているものです。

この夢を見る人は、現実の世界で、体のどこかにコンプレックスを感じているのかもしれません。

ウエストや足が太いのを気にしていて、その部分は見られたくない気持ちがある反面で、「それほど私は太っていないのよ。ホラ、こんなにきれいでしょう」と、アピールしたがっているようです。着飾らなくても、十分に魅力があるといいたいのです。

「銀座の大通りを、裸で歩いている。恥ずかしいのだが、混雑がひどくて、人の波から抜けられない。しかたがないので、そのまま歩いている」というような夢など、「人波から抜けられないから、しかたがない」と言い訳しているのは、注目されたいけど、それをあからさまに表現するのは少し気が引けるのでしょう。

人が裸になっているのを見る夢も、自分を他人に置き換えている事が多いと考えられます。自分の代わりに人を裸にする事で、願望を充足しているわけです。ほかには、見栄や人の目など関係なく、思いのままに振る舞いたい気持ちや、あっけぴろげに表現したいという強い願望が表れていることもあります。

スポンサーリンク