何かを探している夢、泣いている夢、責められる夢にはどんな意味があるのでしょう?

何かを探している夢

スポンサードリンク



「探す」という行為は、人間の根本的な行動原理になっているのかもしれません。

人はいつでも、自分の欲望を満たす方法を探したり、すでに失われた快楽を、現在の世界にもよみがえらせようと探し求めたり、二度と得られないかもしれない過去の栄光を、どこかにあるはずだと探しているようなものだからです。その意味で、探す夢は、人間の心理の根底をなす夢かもしれません。

夢の中であなたが探しているのは、自分が持っていない(失った)ものです。手に入れたいと思う欲望は、人によって違うわけですから、どんな状況で何を探しているかが、夢判断のカギになります。

家に帰ろうとしているのに、反対方面行きの電車に乗ってしまった。あわてて降りて、家の方へ向かう電車を探すが、プラットホームが見つからない。

この夢を見た人は、おそらく最近、失恋でもしたのでしょう。自分が愛情表現がヘタだったために、恋をダメにしてしまったと感じているのです。

探す夢を見た時は、最近、自分が大切にしていたものを失いはしなかったかどうかを思い起こしてみると、夢の意味がわかります。夢の中で探しているのは、もう二度と手に入らないと感じているものです。

スポンサードリンク



泣いている夢

泣く夢は、ただ単純に悲しいだけではなく、泣く事によって、誰かが助けてくれるのを期待する気持ちを表します。相手の関心を引き付けたいと、願っているにほかなりません。

現実の生活で、なにかしら失敗をしたけれど、「自分のせいじゃない」「誰か助けてほしい」と感じている時、こういった夢を見る可能性が高いのではないかと思われます。また、夢で泣いている時は、悲しさの反面、うれしさが混じっていることもよくあります。

悲しくて泣いていると、まわりの人が、「よしよし」「大丈夫、がんばって」というように、励ましてくれる光景が往々にして出てきます。これも、人の目を自分に引き付けたい願望の表れなのでしょう。

責められる夢

夢で人に非難されたり責められたりする時は、現実の自分も、良心に恥じるような事をしているものです。

その行いが、実際にはまだばれていなくても、いつか露見して責められるだろうと感じていて、反省しているのです。

誰かに責められて、うまく言い訳して逃れる夢は、できれば自分の行いを、誰にも知られず隠しておきたいと感じている証拠です。

でも結局は、「悪い事をしたのだから、責められてもしかたない」と自覚しているのです。

スポンサードリンク