勉強をしている夢、遅刻をする夢にはどんな意味があるのでしょう?

勉強をしている夢

スポンサードリンク




夢で勉強をしているのは、未知のものを知りたい気持ちを意味します。例えば、数学の問題を解いているのに、どうしても答えがわからないというような夢は、性の事を知りたいのに、よくわからないという意味で、十代の頃にはよく見る夢です。

勉強したと思ったのに、ノートが白紙だったという夢は、自分は性の事を、いやらしいものとして考えているのではない、体も心もまだ純粋で、無垢なのだと言いたいのでしょう。

転職を考えている人などは、職場が変わる事への不安と、一からやり直したい欲求とがないまぜになって、ノートが白紙になる夢を見るかもしれません。

宿題が多くて困っているのは、自分が人に内緒で性の事をいろいろ知ろうとしているのが、誰かにばれたら恥ずかしいという不安を表しています。また、性に対する興味が強すぎるのではないか、という恐れでもあるようです。

また、ストレートに、仕事や学校の課題がたまっていて、ヤル気は十分にあるのに、どれから手を付けたらいいか分からないでいる時に、山盛りの宿題の夢を見る可能性もあるようです。

スポンサードリンク



テストの合否の夢については、興味深い研究結果があります。現実の世界で、テストに受かっている人は、なぜか落第したり留年したりする夢を見ます。反対に、テストに落ちている人は、合格している夢を見るのです。仕事のスケジュールに厳格で、普段からキチンとやっている人ほで、学生時代に戻って、落第した夢を見がちです。試験を受けたり、合格発表を見たりするのは、その人がいまの現実の世界で、能力を試されていると感じているからです。

「ここは気を入れていかないと、ミス(=落第)するかもしれないぞ」と夢の中から警告を受けていると思われます。

仕事でのキャリアアップ、恋愛の勝負どころ、ひいては人生の正念場にいるのだという事を無意識に感じとっているのでしょう。ここは気を引き締めて、現実を乗り切って欲しいものです。

遅刻をする夢

学校や会社に遅刻する夢を見るのは、結局のところ、遅刻をしたかったからということができます。それは別にサボり心が出たからではなく、まだ学校や会社に行く必要のなかった、子供の頃に憧れているのです。もう少し、無邪気でいたい、子供のままで責任を取らずに自由でいたい、と感じているのでしょう。

遅刻ついでに欠席してしまうのは、大切な事をしそこなった、やり残した事がある、というコンプレックスの裏返しです。欠席したからできなかった、と言い訳をしたいようです。

スポンサードリンク