失敗をする夢、着飾る夢にはどんな意味があるのでしょう?

失敗をする夢

スポンサードリンク




昼間の生活で、「マズイ事をしたかな」と感じているのに、自分でも認めたくなくて、忘れようとしている事はありませんか?

失敗する夢を見るのは、夢の中のあなたが素直になって、「やっぱり、自分が悪かった」と反省しているからなのです。

もっとも、失敗したという夢というのは、現実には大きなミスをしていないときに見るもので、むしろ、「このままでは、もっとしくじるかもしれない」「これ以上大きな失敗をしたら大変だ」という不安が、夢になって表れているともいえるでしょう。

ミスの内容によって、解釈もそれぞれ違ってきますが、たとえば、お金など大切なものを落とす夢は、自分にとって一番大事なものを、失くしてしまいそうな予感の裏返しです。

「最近彼は、全然電話をかけてきてくれないけれど、もしかして飽きられてしまったのかしら」「仕事が忙しいと言って、デートもキャンセルばかり。他に好きな人ができたのかもしれない」「私が今、一生懸命やっている仕事を、同僚のA子に取られてしまいそうだ」というように、恋愛や仕事など、自分が他の誰にも渡したくないと思っているものが、脅かされているように感じるとき、「会社のお金を銀行へ届けようとしている。気がついたら、持っていたはずのお金がなくなっている。大変な失敗をしたと思って、青くなっている」といった夢を見る事が考えられそうです。

大切な約束に遅刻する、任された仕事が間に合わなかった、といった失敗をする夢は、「今の自分は、このままでいいのだろうか」という不安を感じている時に見るようです。

スポンサードリンク



周りの同僚がどんどん結婚退社していく。後輩が責任ある仕事を任されて、バリバリこなしている。友達が趣味のサークルに入ってイキイキと活動している。だけど、自分は何も変わらず、日々を漠然と生きているだけ……

「このままじゃ、私だけ取り残されてしまうんじゃないかしら」

その不安が、失敗してしまう夢となって表れます。乗り物に乗りそこなう夢、人前で転ぶ夢、お客さんにお茶を出そうとして、相手の服にこぼしてしまうといった失敗する夢に、表れる場合もあるでしょう。

着飾る夢

普段は着そうもないきらびやかな衣装を着たり、アクセサリーをたくさんつけたりして着飾る夢は、おしゃれをすることによって自分の地を隠したい気持ちを意味します。

自分のウィークポイントを人に見られたくないために、衣装で武装しているのです。

必要以上に夢中で化粧をしている夢なども、自分が知られたくない悪い事をしているか、見られたくない欠点があって、それを隠そうとしていると思われます。

スポンサードリンク