結婚をする夢、謝る夢にはどのような意味があるのでしょうか?

結婚をする夢

スポンサードリンク




大好きな彼と、結婚をする夢。

しばらく目が覚めなければいいのに、と思ってしまうような楽しい夢ですが、実際に付き合っている相手と、幸せな結婚をするという夢は、残念ながらあまり多くはないようです。

とはいえ、何かの障害のために、彼との結婚が難しい場合や、まだ彼がプロポーズをしてくれないが、自分は結婚したくてたまらないというような時は、その彼と結婚する夢を見る事があるかもしれません。夢で結婚する場合、新郎は、新郎は、交際している彼とは全然別の人であることが多いようです。

「どうして、あの人と結婚する夢なんて見たのかしら」と、疑問を持つかもしれません。

そういう時は、新郎となって表れた彼が、どんな人かを連想してみて下さい。結婚することは、社会的な責任を負う事です。

つまり、彼から連想される性質や特徴、属性などを、結婚することによって、あなたも共有することになります。

その人がギャンブル好きな男性だとしたら、夢で結婚した自分も、金遣いの荒い人、経済観念の薄い人と思われたらイヤだと感じているのでしょう。

現実の世界で、あなた自身、バーゲンセール衝動買いをして、それを後悔しているのかもしれません。

夢の相手が、女性に関する噂の絶えない男性ならば、現実でのあなたは遊び人という悪評を立てられたら困ると思っているのではないでしょうか?

相手が誰だかわからないけれど、結婚しようとしている夢は、現実で社会的に責任を果たす事が求められていて、どうしようか迷っている事が多いようです。

難しい仕事で責任にさせられそう。転職しようか迷っているといった時、このような夢を見る事もあるかもしれません。

スポンサードリンク



謝る夢

現実の世界でこれといって思い当たる節はないのに、夢でなぜか一生懸命に謝っているのは、何か気になることがあって、自分の気持ちをわかって欲しいと感じているからです。

仕事のうえで、自分の努力をわかってもらいたい。片思いの彼に、自分の愛情を気づいて欲しい。早く、結婚の申し込みをして欲しいなど、強い願望が表れています。

自分の意思を相手に通じさせたい熱意が、謝るという形に表れたのでしょう。

スポンサードリンク