<夢判断>なぜ同じ夢を何度も見る?夢を見てる時間は2時間です。

一晩に夢を見る時間は二時間です

スポンサーリンク



睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠の二種類がある事が、大脳生理学の分析によって明らかになっています。

レム(REM)とはRapid Eye Movementの略です。眠っている時にまぶたの下で、眼球がキョロキョロ動く状態で、ノンレム睡眠は、この運動が起こらない睡眠のことです。人間は、一晩にこのレム睡眠、ノンレム睡眠を交互に繰り返しながら眠っています。

まず、第一段階でウトウト、第二段階で眠りが深くなりはじめ、第三、第四段階で、最も深い眠りに陥ります。これを過ぎると、比較的、浅い眠りが訪れます。

この浅い眠りが、レム睡眠です。一般的な人で、通常10~20分程レム睡眠が続き、またノンレム睡眠に入るという繰り返しを90分周期で行っています。たとえば、8時間眠る人には、レム睡眠が一晩に4~5回訪れるというわけです。

さて、夢を見るのは、まさにこのレム睡眠の時です。眠っている時に、急速な眼球運動をしている人を起こすと、たいていの人が夢を見ていたと答えることからも、レム睡眠が夢と深く結び付いていることがわかります。

また、レム睡眠時の脳波は、起きて活動している時の脳波とよく似ています。これは眠っていながら、脳は活動していること、すなわち夢を見ている事を指しています。

この研究によって、夢はほんの1~2分に見るものではなくて、断続的に何度も見ている事がわかりました。8時間眠っている人なら、合計2時間くらいは夢を見ているのです。その中でも、目覚めた時に内容を覚えている夢は、目覚める直前に見た夢だろうと考えられています。

なぜ同じ夢を何度も見る?

スポンサーリンク



階段を上っていくと、急に人が飛び出してくる。その人を避けようとして脇によけると、思わず足を踏み外してしまう……。「アッ!」と叫んで目を覚ますという同じ夢を子供の頃から何度も見てしまう。こんな経験を持つ人はいませんか?

同じ夢を何度も見るというのは、どちらかといえば、子供や思春期の少年、少女に多く見られる現象です。

自我がある程度形成されてくると、社会といかに関わっていくか、自分と社会との折り合いをどうつければいいのか、さまざまな心理的な葛藤を経験する事になります。思うようにならないことが急に増えて、自分でどう対処していいか、悩む事が多くなるからだと言い換えてもいいでしょう。

また、性への目覚めも、発達過程において、大きなストレスの要因になります。「男女交際は慎重にしろ、と親はいう。

親のいう事を聞いた方が良いとは思いながらも、どこかで背きたい」「性のことを知りたいけど、知るのはなんとなくこわい」そうした不安や願望が、答えを出されないまま根底にあって、同じ夢となって何度も表れてくるのです。

人によっては、大人になっても同じ夢を見る事が多いという人もいます。そういう人は、その夢に象徴される願望や不安が、未解決のままに残されている事が考えられます。

子供の頃と同じ夢だとしたら、幼児期に親との関係で、何らかの問題を抱えたまま成長してしまったのではないでしょうか?日頃はそれらの不安や願望を抑圧しているのですが、前日の出来事がきっかけとなったりして、小さかった頃の名残として夢に表れるのです。

たとえば、子供のときに、親の仕事が忙しかったりして甘え足りなかった人が、夫や恋人につれなくされた時に、子供の時によく見た同じ夢を見る、という事もあります。

自分が何を抑圧しているかを本人にはっきりと認識させる事によって、同じ夢を見なくなっていくといわれています。

スポンサーリンク