夢判断をするための五つの手順とは?

夢判断をするための五つの手順

スポンサーリンク




分析の手順やコツがわかったところで、実際の夢を例にとって夢判断をしてみましょう。夢の分析は、多くの学者による長年の研究の集大成です。けれども、より正確に分析する為には、きちんとした手順を知っておくことが必要だからです。それでは、夢を分析する時に、忘れてはならない大切なポイントを挙げてみましょう。

  1. 夢をできるだけ詳しく思い出す
    夢を思い出すといっても、ビデオを操作するように、夢全体を正確に再生する事は大変難しい事です。そこで、登場人物、情景、品物、印象に残ったこと、色、音、行動など、出てきた事物をできるだけたくさんメモしてみて下さい。つじつまを無理矢理合わせる必要はありません。また、夢は時間が経つほど忘れていきますから、朝、目覚めた時に書き留めておくのもいいでしょう。
  2. 夢の内容から、何を連想するかを考える
    夢で見たさまざまな要素を思い出したら、そこから思いつくものを連想してみて下さい。夢は、きわめて個人的なもので、同じ要素から誰もが同じ連想をするとは限りません。夢に「リンゴ」が出てきたとしましょう。ある人は「甘酸っぱい初恋」、ある人は「リンゴから出てきたイヤな虫」、またある人は「リンゴ農園で働いていたおじさん」というように、リンゴから引き出される連想も十人十色でしょう。あなたの持つイメージ、連想によって、解釈も全く変わってきます。そこに、あなたの知らない自分を発見する可能性が、秘められているのです。
  3. スポンサーリンク



  4. 項目がそろったら、この後で述べる夢分析の項目と照らし合わせる
    自分、もしくは主要な登場人物の行動にそって、夢分析の項目と照らし合わせてください。たとえば、「自分が書類を探していたら、社長がやってきて、丁寧に挨拶をしてきた」という夢なら、「何かを探している夢」「挨拶される夢」を参照するわけです。ストーリーの主要な部分が、大切な意味を持つことはもちろんですが、ちょっとした行動が、意外な側面を暗示してくれる場合もあるからです。
  5. 読み取った「意味」を関連づけます
    夢は複雑に絡み合っているのが普通です。前に述べた「書類を探している夢」の場合なら、「何かを探している夢」「挨拶される夢」という項目から、「あなたは仕事の事でミスをした。何とか信用を取り戻して、人に認められたいという強い願望がある」といった解釈が成り立ってきます。もちろん、これは一例です。それを、さらに自分の生活にあてはめてみると、深層心理からのメッセージが一層明らかになるでしょう。「あなたは前日、会社でミスをした。上司には『信頼していたのにガッカリしたよ』と言われてしまい、ショックを受けた。このまま自分は『頼りにならない人間だ』と思われてしまうかもしれない。できることなら、名誉挽回して、まわりの人の尊敬を勝ちえたいと感じている」というこの人の心が、読み取れてきます。
  6. 自分の心を素直に見つめる
    もう一つ夢分析で大切なのは、分析の段階で、自分の心をごまかしたり、カッコをつけたりしないことです。精神分析学者は、カウンセリングをする時に、分析の対象となる人に自分の事を語らせ、自分で自分について考えるように仕向けます。それが、無意識の世界からのメッセージを、正確に読み取る方法だからです。夢分析を自分で行う時も、自分が本当は何を望んでいるのか、飾らずに見つめる事が必要です。時には、自分にとって都合の悪い連想や、気恥ずかしい願望に行き当たるかもしれません。でも、できるだけ素直な目で、生活を振り返る事で、はじめて気がつく本当の自分があるはずです。
  7. スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする